イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

未分類

陰部の黒ずみにトラネキサム酸がハイドロキノンより効果的って本当?

投稿日:

陰部の黒ずみにトラネキサム酸がハイドロキノンより効果的って本当?

黒ずみに効果を発揮する美白成分として有名なのが、トラネキサム酸とハイドロキノンがありますが、デリケートゾーンに効果的な成分はどちらなのでしょうか?陰部の黒ずみを改善したい時に、クリームに入っている成分は大事ですよね。

使ってみて、肌が荒れてしまって、さらに黒ずみが悪化してしまった…じゃ困りますからね。そこで、今回はトラネキサム酸とハイドロキノンについて調べてみました。

陰部の黒ずみにトラネキサム酸がハイドロキノンより効果的って本当?【目次】
トラネキサム酸とハイドロキノンには美白効果があるの?!
デリケートゾーンの黒ずみ対策にはトラネキサム酸が有効
トラネキサム酸が配合されている陰部専用の黒ずみケアクリームは??

トラネキサム酸とハイドロキノンには美白効果があるの?!
結論から言えば、陰部のデリケートゾーンの黒ずみにオススメなのは、トラネキサム酸です!

その前に、そもそもこの2つの成分、トラネキサム酸とハイドロキノンには美白効果があるのか疑問に思ったので、調べてみました。

トラネキサム酸の美白効果とは?

トラネキサム酸は、人工合成されたアミノ酸の一種で医療現場で薬として使われてきた成分です。

主な治療としては、美白としてではなく、止血剤や風邪などに伴う扁桃腺炎・咽頭炎の治療としてです。

それが、偶然、併発していた肝斑が改善されたということがあり、美白にも効果を発揮するのではないか??と研究が始まり、美白に対しても立証されたのです。

資生堂HAKUの美白美容液に入っているのもトラネキサム酸
最初に美白について研究し、実際に効果があると立証し、特許を取ったのが資生堂でした。

その資生堂の商品が「HAKU」です。「HAKU」は、売上No.1を誇る美白美容液として、今でも高い人気がありますね。

トラネキサム酸の美白効果

肌荒れが起こっている微弱炎症に作用し、黒ずみの元となるメラニンを生成するメラノサイトの活性化を抑制する働きがあり

結果、美白効果が得られる。

資生堂が開発した厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。

資生堂の8年の特許期間が切れて他の会社が使用可能に…
特許が切れたことにより、黒ずみにも効果を発揮する美白成分として「デリケートゾーン専用の黒ずみケアクリーム」の開発が始まったのです。

また、トラネキサム酸には、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す効果もあるため、黒ずみをスムーズに排出させる効果も期待できます。

トラネキサム酸には副作用があるの?

現在、トラネキサム酸の副作用の報告はありません。

医薬部外品の「有効成分トラネキサム酸」を配合したクリームや化粧品については、副作用や健康被害の報告はないので、安心して使用することができます。

ハイドロキノンの美白効果とは?

ハイドロキノンは黒ずみ原因物質のメラニンの合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤であり、さらにメラニンを作るメラノサイトに対して細胞毒性があります。

よって、黒ずみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤であり、高い美白効果を示します。

美白効果はアルブチンやコウジ酸の100倍!!
その美白効果は、同じく美白成分として知られている「アルブチン」や「コウジ酸」の100倍とも言われています。

また、メラニンそのものの活動をブロックするため、短期間で白く透明感のある肌へと導くことができると言われています。

ハイドロキノンにトレチノインを併用でさらに効果をUP!
ハイドロキノンには、よく一緒にトレチノインという成分が含まれています。

それは、ハイドロキノンが、お肌に浸透しにくい性質を持っているので、トレチノインとの併用で、より浸透力を高めてくれるからです。

トレチノインには、肌にの新陳代謝を促進して、黒ずみや色素沈着を真皮の基底層から押し上げてくれます。

同時にハイドロキノンで、黒ずみの原因物質であるメラニンの生成を根っこから抑制し、白く透明感のある肌へと導いていきます。

美白効果が高い分リスクも伴う!!
しかし、ハイドロキノンには、「アルブチン」や「コウジ酸」の100倍のパワーがありますので、扱いを注意しないと危険が伴うということがあります。

ハイドロキノンには副作用の報告あり!
ハイドロキノンは強い漂白作用を持つので、濃度や投与量が多くなると刺激性皮膚炎を生じやすくなり赤みやかゆみを伴うことがあります。

副作用としては、初めの2~3週間は、肌が赤く炎症のような症状が出たり、皮膚が剥がれてくるようなことがあります。

デリケートゾーンの黒ずみ対策にはトラネキサム酸が有効
上記のことから、ハイドロキノンは、デリケート部分には、刺激が強いことがわかります。

ハイドロキノンは欧米で作られた成分なので、日本人の肌には強すぎて副作用が起こるといったデメリットがあるのです。

それをデリケートゾーンに使用するのは、さらに危険ですね。。。

ネットで調べているとこんな口コミを見つけました。

ハイドロキノンが入ったクリームを通販で購入し、Vラインに使ったら、 ビキニラインがめちゃくちゃ黒ずんでしまいました。

(黒というよりはこげ茶っぽい色)

パンツをはいたら、黒ずみが透けて見えるほど、黒ずんでいます。

びっくりしてすぐ使用をやめたのですが、また3日ぐらいあけてから、やってみたら、炎症で赤くなり、さらに黒ずんでしまいました。

どうすれば元に戻るでしょうか? 毎日、後悔しています。

これは、炎症後色素沈着というものです。

簡単に言うと虫刺されの痕と同じ状態で、ハイドロキノンの反応が強すぎたせいで炎症が起き、そこに防御反応として黒ずみ物質のメラニンがさらに放出されてしまったのです。

場合によっては、白い部分と黒い部分が斑になってしまったという最悪なケースもありますので、慎重に扱わないと、上記のように副作用が起こり逆に症状が悪化してしまうのです。

このような場合は、すぐ皮膚科や美容皮膚科を受診しましょう。

逆に、トラネキサム酸は、副作用の報告がなく、美白効果も立証されていますので、

陰部の黒ずみにはトラネキサム酸の方が有効であると言えます。

トラネキサム酸配合の陰部専用の黒ずみケアクリームがある!
「トラネキサム酸」が配合されているデリケートゾーンの黒ずみ専用の美白クリームがオススメです。

それもデリケートゾーン専用に作られているので、無添加!で赤ちゃんでも使える成分でできてますので、安心して使うことが可能です。

それも「トラネキサム酸」が配合されてますので、効果もバツグン!!!

トラネキサム酸配合の美白効果
肌荒れを改善し健やかな肌に整える成分
保湿・美容成分がたっぷりで黒ずみが出来にくい肌をキープ
香料・着色料・鉱物油・パラベンは一切不使用

-未分類

Copyright© イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.