イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

未分類

脱毛後のデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策方法

更新日:

脱毛後のデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策方法

せっかく脱毛してムダな毛がなくなってこれで、お肌はツルツル!水着も着れるし、大好きな彼に愛され素肌になった♪って思っていたのに、脱毛したら、デリケートゾーンの肌が黒ずんでいてショックを受けた経験ってありませんか?

脱毛したのに、デリケートゾーンが黒ずんでいては意味がありません。当サイトでは、デリケートゾーンを脱毛した際の黒ずみの原因を徹底的に追究し、黒ずみができないための対策とできてしまった黒ずみの改善方法を調べてみました。デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる方は参考にしてみてください。

自己処理による脱毛後のデリケートゾーンの黒ずみの原因は脱毛時の肌ダメージにあります。肌にダメージが受けると肌が生まれ変わるサイクルが徐々に乱れ始めます。つまりターンオーバーがデリケートゾーン部分で乱れていくのです。

それによりデリケートゾーンの角質が分厚くなり肌のダメージを補修するために放出された黒ずみ原因物質のメラニンが通常の肌より多く生成されてしまったり、本来の肌サイクルで取り除かれるはずのメラニン色素が取り除かれずに蓄積されていきます。

また分厚い角質は乾燥しやすくメラニンでも肌ダメージを治しにくくなってしまいます。そんな状態のまま次の脱毛サイクルが来るので、どんどん肌環境は悪くなり、黒ずみが悪化していくのです。その悪循環をストップさせる必要があります。

原因その2:脱毛サロンのレーザー照射による肌ダメージ

脱毛サロンで行う、レーザー脱毛も黒ずみの大きな原因になる場合があります。大きな皮膚トラブルの場合ですが、レーザーを照射することで沈着しているメラニン色素が熱反応を起こし、やけど⇒かさぶた⇒黒ずみになることがあります。またレーザー脱毛後は肌が乾燥しやすい状態となっています。

よって、保湿ケアをしっかりしないと、肌のターンオーバーが乱れデリケートゾーンの黒ずみの原因になってしまいます。きちんとしたアフターケアがとても大事です。さらに肌に合わないレーザーを使うことで色素沈着を起こすこともあります。

原因その3:脱毛することで隠れてたデリケートゾーンの黒ずみが出現!

脱毛が原因で黒ずんだというよりも、脱毛により隠れてたものがはっきりと見えるようになって初めてデリケートゾーンの黒ずみに気づく場合があります。デリケートゾーンの皮膚は他の部位より薄く弱い部分なため、黒ずみがとてもできやすいのです。

今まで隠れてた黒ずみの原因

体の外側からの原因 皮膚の摩擦や刺激により黒ずみ物質を生成する。
ナイロンタオルやボディブラシで体をゴシゴシ洗う。
下着のサイズが合っていなく小さいサイズを身につけている。
きつい下着を身につけている。
体の内側からの原因
ストレスや生活習慣の乱れ。
食生活の乱れによるホルモンバランスの狂い。

脱毛後のデリケートゾーンの黒ずみの対策方法

脱毛後のデリケートゾーンの黒ずみの原因は肌ダメージによる肌細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れてしまっていることが挙げられます。

よって、体の外側と内側からのケアによって、このターンオーバーを正常にしてから、保湿により美白成分が浸透しやすい環境にしてあげましょう。

対策その1:肌ダメージの修復(肌のターンオーバーを正常に戻す)

脱毛後のデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策方法

肌サイクルは古い細胞が死にそれに変わる新しい細胞が生まれるというサイクルを日々繰り返しています。

これをターンオーバー(新陳代謝)とよび、黒ずみができてしまった肌には、このターンオーバーが正常に機能していないので外側と内側からのケアによって元に戻す必要があります。

外側のケアとしては、肌荒れを防止、沈静化し、肌の状態を修復、再生する成分が配合されている物を使いましょう。代表的なもので言うと、敏感肌化粧品やにきびケア化粧品で使われることが多い薬用成分、グリチルリチン酸2Kがその働きをしてくれます。

内側のケアとしては、ストレスや生活環境によっても肌のターンオーバーは乱れてしまう原因になるので、バランスのいい食事やストレスを抱え込まない自分なりの解消法や規則正しい生活を心がけましょう。

対策その2:肌にたっぷりの潤いを与え乾燥を防ぐ

脱毛後のデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策方法

特にデリケートゾーンは他の肌に比べて非常に薄く、乾燥しがちです。お肌が乾燥すると角質が固くなり、さらに黒ずみを悪化させる原因になります。よって、脱毛後のデリケートゾーンの肌には必ずたっぷりの潤い成分を保湿しましょう。また黒ずみ対策として、日々の保湿もとても大事となります。

きちんと潤いが保たれていれば、肌トラブルも起きにくくなりますし、回復力も断然早いです。保湿が不十分だと、せっかくの美白成分も浸透率が悪くなり、効果が半減してしまうので、注意しましょう。

対策その3:できてしまった黒ずみや予備軍を消すための美白成分の注入

またすでにできてしまったデリケートゾーンの黒ずみや黒ずみ予備軍も美白成分を補えば解消が可能です。美白有効成分といえば、アスタキサンチン、セラミド、ハイドロキノンなどの成分から、厚生労働省から認可を受けたトラネキサム酸、ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタなどがあります。

できれば後者の医薬部外品として厚生労働省(国)から認可を受けている美白有効成分配合の薬用化粧品を選ぶのが安心で効果を発揮します。

対策その4:洗浄はナイロンを使わずに手で優しく洗う

ナイロンタオルやボディブラシでゴシゴシ洗うと、摩擦による刺激だけでなく、デリケートゾーンの肌を傷つけ肌サイクル(ターンオーバー)も狂わせてしまい、結果メラニンが生成しやすく黒ずみが増えてします。お風呂の入り方としては、いきなり湯船に入らず、体にお湯をかけてから、手に石鹸を付けてよく泡立て優しく洗い、それから湯船に入りましょう。

こうすることで、皮膚が柔らかくなって、新しい皮脂が出てきて皮膚を守ってくれます。ナイロンをスポンジに変えても、同じように強く洗ってしまうと、意味はないので手で洗うことが一番です。

対策その5:デリケートゾーンに刺激を与えない!

脱毛後のデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策方法

原因にもあるように刺激が加わりすぎると、摩擦が生じてしまいデリケートゾーンに黒ずみができてしまいます。改善するためには日頃の刺激を減らしてあげる必要があります。下着をコットンやシルク、麻の素材のものにすることで、通気性が増して蒸れにくく負担が減ります。

さらにお風呂に入った後にお尻を拭くときに、ゴワゴワのタオルを使っていると摩擦が強くなり黒ずみやざわつきの原因になります。なるべくフワフワのタオルで優しく拭くようにしましょう。

-未分類

Copyright© イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.