イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

未分類

股ずれや下着のこすれによるデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

投稿日:

股ずれや下着のこすれによるデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

股ずれや下着のこすれによるデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

女性が誰にも相談ができずに悩んでいる一つにビキニラインの黒ずみがあります。特に20代~30代の女性に多く、彼に見せられないや皆と一緒に海やプールに行けないなど悩みが深刻だったりしますよね。誰にも聞けないから、間違った方法でケアしてしまい、逆に悪化してしまったケースもあるようです。

 

そうならない為にも、股ずれや下着のこすれによるデリケートゾーンの黒ずみの原因っていったい何か?どんな対策すればいいのか調べてみました。参考にしてみてください。

 

>>黒ずみを確実に解消したい方のみクリック(黒ずみケアクリームランキング)

 

股ずれや下着のこすれによるデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策【目次】

デリケートゾーンの黒ずみの原因のメカニズム

股ずれや下着のこすれによるデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

 

なぜ、デリケートゾーンの黒ずみが起こるかというと、上の図のように、肌の内側には黒ずみ原因物質であるメラノサイトがあって、これが股ずれなどで刺激を受けると身体の防御反応として、メラニン色素を作り出してしまいます。

 

普通は肌のターンオーバー(再生化)によって垢などと一緒にメラノサイトは剥がれ落ちていくのですが、メラノサイトの働きが活発になるターンオーバーが追いつかず肌に沈着してしまうのです。これがデリケートゾーンが黒ずんでしまう原因です。

 

他にも、ストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの狂い、さらには加齢といった原因で黒ずみができやすくなります。

 

股ずれや下着のこすれによるデリケートゾーンの黒ずみの原因は摩擦による刺激!

股ずれや下着のこすれによるデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

股ずれや下着のこすれによるデリケートゾーンの黒ずみの一番の原因は、下着や洋服などによる長期間の摩擦による刺激によるものです。 

通常、股関節の部分は常に下着のゴムの部分が触れていたり、また、ピッタリとしたスリムなパンツを履いた場合には、特に動くことで摩擦が発生し、股ずれが起きやすくなります。

 

摩擦によってできたVラインの黒ずみは肌の深い部分に定着し、なかなか改善しにくく時間がかかることが特徴です。この症状を「摩擦黒皮症」といいます。

 

また、ナイロンタオルなどのかための素材で体を洗うことで、さらにデリケートゾーンに刺激を与えることとなり、ターンオーバーを早めて角質層を厚くするなどの防御反応を起こすことになります。

 

角質層が厚くなる過角化と呼ぶ現象が発生することで、デリケートゾーンはくすんだり黒ずむようになっていきます。

 

摩擦黒皮症を起こす原因
  • ナイロンタオルやボディブラシで体をゴシゴシ洗う。
  • 下着のサイズが合っていなく小さいサイズを身につけている。
  • きつい下着を身につけている。

 

股ずれや下着のこすれによるデリケートゾーンの黒ずみ対策

股ずれや下着のこすれによるデリケートゾーンの黒ずみの原因は、「摩擦黒皮症」の刺激によって生まれるので、股に刺激を与えないことが一番の防止対策です。

対策その1:洗浄はナイロンを使わずに手で優しく洗う

ナイロンタオルやボディブラシでゴシゴシ洗うと、摩擦による刺激だけでなく、デリケートゾーンの肌を傷つけ肌サイクル(ターンオーバー)も狂わせてしまい、結果メラニンが生成しやすく黒ずみが増えてします。

 

お風呂の入り方としては、いきなり湯船に入らず、体にお湯をかけてから、手に石鹸を付けてよく泡立て優しく洗い、それから湯船に入りましょう。

 

こうすることで、皮膚が柔らかくなって、新しい皮脂が出てきて皮膚を守ってくれます。ナイロンをスポンジに変えても、同じように強く洗ってしまうと、意味はないので手で洗うことが一番です。

 

対策その2:肌のターンオーバーを正常に戻す!

摩擦黒皮症を起こしている皮膚は、肌サイクルの機能が正常に動いていません。よって、外側と内側からのケアによって正常に戻す必要があります。

 

外側のケア 美肌・保湿成分で肌を生き返らせる!
美肌成分 肌荒れを防止、沈静化し、肌の状態を修復、再生する成分が配合されている物を使いましょう。代表的なもので言うと、敏感肌化粧品やにきびケア化粧品で使われることが多い薬用成分、グリチルリチン酸2Kがその働きをしてくれます。
保湿成分 きちんと潤いが保たれていれば、肌トラブルも起きにくくなりますし、回復力も断然早いです。保湿が不十分だと、せっかくの美肌成分も効果が半減してしまうので、注意が必要です。

 

上記の全てが配合されたおすすめデリケートゾーン専用黒ずみ解消クリームはこちら↓↓↓

 

デリケートゾーン 黒ずみ 口コミ 画像

 

内側のケア 生活習慣を見直す
生活習慣 ストレスや生活環境によっても肌のターンオーバーは乱れてしまう原因になるので、バランスのいい食事やストレスを抱え込まない自分なりの解消法や規則正しい生活を心がけましょう。

 

対策その3:できてしまった黒ずみや予備軍を消すための美白成分の注入

またすでにできてしまったデリケートゾーンの黒ずみや黒ずみ予備軍も美白成分を補えば解消が可能です。

 

美白有効成分といえば、アスタキサンチン、セラミド、ハイドロキノンなどの成分から、厚生労働省から認可を受けたトラネキサム酸、ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタなどがあります。

 

できれば後者の医薬部外品として厚生労働省(国)から認可を受けている美白有効成分配合の薬用化粧品を選ぶのが安心で効果を発揮します。

 

対策その4:デリケートゾーンに刺激を与えない!

股ずれや下着のこすれによるデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

原因にもあるように刺激が加わりすぎると、摩擦が生じてしまいデリケートゾーンに黒ずみができてしまいます。改善するためには日頃の刺激を減らしてあげる必要があります。下着をコットンやシルク、麻の素材のものにすることで、通気性が増して蒸れにくく負担が減ります。 

さらにお風呂に入った後にお尻を拭くときに、ゴワゴワのタオルを使っていると摩擦が強くなり黒ずみやざわつきの原因になります。なるべくフワフワのタオルで優しく拭くようにしましょう。

 

日常生活では、なるべくデリケートゾーンの肌に刺激を与えないようにすることが何より大切です。また、できてしまったしつこい黒ずみには、美白成分、肌を整える美肌成分そして、保湿ケアを日常から取り入れることもとても大事ですね。

 

当サイトでは、できてしまった黒ずみに最大の効果を発揮するデリケートゾーンの黒ずみ専用の「イビサクリーム」がおすすめです。黒ずみ対策として、デリケートゾーン専用の美白成分の入った石鹸もおすすめです。石鹸とクリームのW使いで黒ずみをSTOPさせることが可能です♪

-未分類

Copyright© イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.