イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

未分類

皮膚科やクリニックでデリケートゾーンの黒ずみは解消できる?

更新日:

皮膚科やクリニックでデリケートゾーンの黒ずみは解消できる?

デリケートゾーンの黒ずみって気になりませんか?他の人と比較できないからこそ、私のアソコってもしかして人より黒いかもって不安になったりしますよね。たまたま見た雑誌の広告で、VIOラインの黒ずみ除去を皮膚科やクリニックでできるって知ってから、どんな治療をするんだろうって気になったんですね。

今回は、皮膚科やクリニックでのデリケートゾーンの黒ずみ治療ってどんなことをするのか、解消できるのか?調べてみました。参考にしてみてください。

皮膚科やクリニックで行うデリケートゾーンの黒ずみ解消法はコレ!
デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科やクリニックで治療する場合は以下の4つの方法で行います。

レーザー治療で黒ずみの原因であるメラニン色素を直接破壊する。
ケミカルピーリングで古い角質を落として肌代謝を促す。
ハイドロキノンやトレチノイン配合の治療薬の処方。
小陰唇の黒ずみを手術によって除去する。

次で一つ一つ説明していきますね。

デリケートゾーンの黒ずみ治療その1:レーザー治療で黒ずみの原因であるメラニン色素を直接破壊する!

デリケートゾーンの黒ずみは、レーザー治療でほとんど解消することができます。では、どのような治療をしていくのかというとレーザー光線で、皮膚の深い所に到達させ、黒ずみのもとになるメラニン色素を直接破壊していきます。

破壊されたメラニンは、ターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)の働きとともに、表面に出て垢として剥がれ落ちていきます。そのターンオーバーを利用し、繰り返しレーザーを当てることで徐々に黒ずみを治していくのです。

長い間蓄積された黒ずみは、一度ですべて破壊するのは難しいため、複数回治療を受けることが必要になります。

レーザー治療は、黒ずみの原因物質のメラニンだけに照射する働きをするので、皮膚表面に負担をかけることなく治療ができます。

おおよその費用(1回分)
レーザー治療 10,000円~20,000円

解消するまでに必要な回数
5回~10回

デリケートゾーンの黒ずみ治療その2:ケミカルピーリングで古い角質を落として肌代謝を促す。

ケミカルピーリングは酸によってメラニンを含む古い角質を除去し、細胞の新陳代謝(ターンオーバー)を促進させる事で黒ずみを解消します。たんぱく質酵素を用いた前処置を行うことで、よりピーリング剤の浸透を高めるという方法もあります。

古い角質が落ちることで黒ずみがケアされるだけでなく、黒ずみの原因物質を抑制する効果がある天然のL型乳酸の作用により黒ずみ・色素沈着を取り除き、すべすべで明るいお肌に導きます。古い角質を取り除いていきますが、それで皮膚が薄くなることはありません。

ケミカルピーリングは、大陰唇やおしり、デリケートゾーン周りにおすすめの黒ずみ解消法です。しかしデリケートゾーンの部分なので、ピーリング剤の濃度などについて専門医とよく相談の上、施術を行うようにしましょう。

おおよその費用(1回分)
ケミカルピーリング
20,000円~40,000円

解消するまでに必要な回数
5回~10回

*2~3週間に1回が目安です。

デリケートゾーンの黒ずみ治療その3:ハイドロキノンとトレチノインを用いた治療法。

ハイドロキノン

ハイドロキノンとは、黒ずみ原因物質のメラニンを阻害する作用により、高い美白効果を示す成分です。その美白効果は、アルブチンやコウジ酸の100倍とも言われています。

また、メラニン色素を合成するメラノサイト(色素細胞)そのものの活動をブロックするため、短期間で白く透明感のある肌へと導くことができると言われています。このハイドロキノンがデリケートゾーンの黒ずみにある程度の効果が期待できます。

トレチノイン

トレチノインとは、生理活性がビタミンA(レチノール)の50倍~100倍もあるビタミンA誘導体の一つで、表皮を生成する細胞の分裂と増殖を促すことで、ターンオーバー(新陳代謝)を促します。

ターンオーバーの促進作用により、メラニンの排出を促すように働き、ハイドロキノンのような美白効果が高い成分と組み合わせて使用することで相乗効果が期待できます。

トレチノインはハイドロキノンと組み合わせて使用すると効果が高いといわれます。それは、ハイドロキノンが、お肌に浸透しにくい性質を持っているので、トレチノインとの併用で、より浸透力を高めてくれるからです。

しかし、トレチノインは陰部などのデリケートゾーンには非常に強い反応が現れるため、使い方を間違えると炎症性の色素沈着となり、皮膚の黒ずみを悪化させてしまう危険性があります。 必ず専門のクリニック等で医師の先生の指導の下で治療を行いましょう。

1ヶ月にかかる治療費
治療薬 30,000円~50,000円

解消するまでにかかる時間
2ヶ月~半年

デリケートゾーンの黒ずみ治療その4:黒ずみを手術によって除去する。

デリケートゾーンの黒ずみで手術を受ける女性の大半が小陰唇縮小手術です。小陰唇とは、尿道や膣の入口付近にあり、女性器のふたの役目をしている部分で思春期を境に、次第に大きくなり、色素沈着(黒ずみ)が起きるようになります。

黒ずみが起こりやすい小陰唇を麻酔によりメスを入れて直接切除します。それによって、黒ずみを解消します。

おおよその費用
小陰唇縮小手術 約25万

手術後に通院の有無
あり

ただしこの手術は術後に傷跡が残ったや左右がバラバラで再手術を行ったなどの後遺症に悩まされる方がいる事も事実です。黒ずみ除去という理由だけで安易にこの手術をすることはあまりおすすめできません。

-未分類

Copyright© イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.