イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

未分類

市販品の豆乳ローションで陰部の黒ずみは解消されるか成分から検証

投稿日:

市販品の「豆乳ローション」は、女性にとって良い効果がたくさん知られている「豆乳イソフラボン」が入った美肌効果も期待できるローションですよね。ネットで調べてみると黒ずみにも効果がある?!みたいな事があったので、今回は豆乳ローションについて調べてみました。薬局やドラッグストアでデリケートゾーンの黒ずみに効果を発揮する商品が買えるのは嬉しいですもんね。市販品の豆乳ローションが本当に陰部の黒ずみに効果を発揮するのか、全成分を調べ徹底検証してみました。

豆乳ローションの成分から見る3つの特徴

美肌効果が高い成分をたっぷり配合!

豆乳ローションには、「ダイズ種子エキス」「マンダリンオレンジ果皮エキス」「イリス根エキス」等、肌にうるおいを与え、キメを整えて、肌本来の状態を保ってくれる成分が配合されています。

「テトラヒドロピペリン」には、有効成分の肌への浸透性を高め、肌を健やかに保つ作用があります。

よって、デリケートゾーンの肌荒れや乾燥した肌を健康的に戻すことが期待できます。

肌本来の状態に戻すことで、肌のターンオーバーが促進され、黒ずみが出来にくい(美肌)へと導く効果も期待できます。

皮脂や古い角質汚れの黒ずみには効果あり!

豆乳ローションには、美白作用がある「ダイズ種子エキス」や「パパイン」が配合されています。

特に「パパイン」には、優れたタンパク質分解作用から、肌の汚れを落とす効果があります。

よって、皮脂や古い角質汚れの黒ずみには効果が期待できます。

しかし、たいていの黒ずみは、「メラニン色素」の色素沈着であり、そこに関して言えば、黒ずみ効果は弱いと言えます。

通常の美白クリームに入っている成分は、厚生労働省に承認された美白成分がメインです。

厚生労働省に認可した代表的な美白成分は以下になります。

ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタエキス、コウジ酸、エラグ酸、リノール酸、ルシノール、トラネキサム酸

豆乳ローションには、上記の成分が1つも入っていません。

※保湿成分と肌荒れ改善成分が入っているので、黒ずみを出来にくくすることが可能かもしれませんが…

豆乳ローションを使うくらいなら、他に効果を発揮する美白成分入りのクリームを使った方が、的確だと感じます。

【一番危険!】肌に負担がかかる成分が配合!
通常のデリケートゾーン専用の黒ずみ解消クリームには、アルコール・パラベンと呼ばれる添加物は、肌に負担をかける成分として一切使われていません。

しかし、豆乳ローションには肌に刺激となる成分がしっかり配合されています!!

成分名 危険性
エタノール アルコール敏感症、敏感肌の方は注意!
パラベン 接触性皮膚炎を起こす可能性あり

陰部の黒ずみは、肌の新陳代謝が正常に機能していないことが多く、そこに肌の負担がかかる上記の添加物を使用することで、さらに黒ずみが悪化することも考えられます。

特に、パラベンは、「旧表示指定成分」と呼ばれています。

「旧表示指定成分」とは??

1980年に、厚生労働省(旧厚生省)が、皮膚障害を起こす可能性のある成分や、

アレルギーや皮膚毒性、発がん性などの報告がなされた102種類の成分に関して表示を義務付けました。

これを「旧表示指定成分」と呼びます。

(補足:黒ずみ以外に使用するとしても、アレルギー体質や敏感肌の方は、なるべく避けた方がいいと思われます。)

全身に使えるクリームだからと言って、安易にデリケートゾーン部分に使用することはとても危険だと言えますね。

-未分類

Copyright© イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.