イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

未分類

ハイドロキノンクリームやレチノインクリームでデリケートゾーンの黒ずみは治るの?

投稿日:

ハイドロキノンクリームやレチノインクリームでデリケートゾーンの黒ずみは治るの?

ハイドロキノンクリームやレチノインクリームでデリケートゾーンの黒ずみは治るの?

デリケートゾーンの黒ずみを解消する治療法として、塗り薬として使用されるハイドロキノンクリームやレチノインクリームがあります。ハイドロキノンクリームは、肌の漂白剤と呼ばれ、レチノインクリームと一緒に使うと効果がさらに発揮されると言われています。

 

この2つの治療薬で本当にデリケートゾーンの黒ずみは治るのでしょうか?ハイドロキノンとレチノインクリームの効果を見ながら検証してみました。

 

ハイドロキノンクリームやレチノインクリームでアソコの黒ずみは治るの?

結論から申しますと、個人差はもちろんありますが、一般的に1~2か月継続して使用することで効果が感じられるようになってきます。

 

しかし、使い方を間違えたり、人によっては、刺激が強すぎて、かぶれたり赤みが発生し、逆に黒ずみを悪化してしまうケースがあります。必ず専門のクリニック等で医師の先生の指導の下で治療を行いましょう。


 

デリケートゾーンの黒ずみにおけるハイドロキノンの効果

ハイドロキノンクリームやレチノインクリームでデリケートゾーンの黒ずみは治るの?

>>参考サイトはこちら

 

ハイドロキノンは黒ずみ原因物質のメラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤であり、さらにメラニン色素を作るメラノサイトに対して細胞毒性があります。よって、黒ずみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤であり、高い美白効果を示します。

 

その美白効果は、アルブチンやコウジ酸の100倍とも言われています。

 

また、メラニン色素を合成するメラノサイト(色素細胞)そのものの活動をブロックするため、短期間で白く透明感のある肌へと導くことができると言われています。このハイドロキノンがデリケートゾーンの黒ずみにある程度の効果が期待できます。

 

ハイドロキノンは強い漂白作用を持つので、濃度や投与量が多くなると刺激性皮膚炎を生じやすくなり赤みやかゆみを伴うことがあります。

 

デリケートゾーンの黒ずみにおけるレチノインクリームの効果

トレチノインとは、生理活性がビタミンA(レチノール)の50倍~100倍もあるビタミンA誘導体の一つで、表皮を生成する細胞の分裂と増殖を促すことで、ターンオーバー(新陳代謝)を促します。

 

ターンオーバーの促進作用により、メラニンの排出を促すように働き、ハイドロキノンのような美白効果が高い成分と組み合わせて使用することで相乗効果が期待できます。

 

医師によっては、粘膜近くのデリケートゾーン周辺にトレチノインを使用するのは刺激が強すぎて危険だとされ使わない場合もあります。

 

トレチノインとハイドロキノンの併用で黒ずみ解消効果をUP!

トレチノインはハイドロキノンと組み合わせて使用するとデリケートゾーンの黒ずみへの効果も高いといわれます。それは、ハイドロキノンが、お肌に浸透しにくい性質を持っているので、トレチノインとの併用で、より浸透力を高めてくれるからです。

 

デリケートゾーンの黒ずみに対する作用としては、トレチノインで、ターンオーバー(肌にの新陳代謝)を促進して、黒ずみや色素沈着を真皮の基底層から押し上げる。同時にハイドロキノンで、黒ずみの原因物質であるメラニンの生成を根っこから抑制し、白く透明感のある肌へと導いていきます。

 

デリケートゾーンにおけるトレチノインとハイドロキノンの使い方

デリケートゾーンの黒ずみを解消する「トレチノイン」と「ハイドロキノン」を併用し使用することで、相乗効果をもたらします。使用に際しては、次の手順で行います。

 

  1. 黒ずみの気になる陰部の部位に、保湿力が高い化粧水などを塗って、肌の乾燥を防ぎます。
  2. 化粧水が乾燥し馴染んだら、コットンなどにトレチノインを少量出し、黒ずみの気になる部位だけに薄く塗布し、乾くまで少し時間をおきます。(5分~10分程度)
  3. トレチノインが乾燥したら、再び別のコットンでハイドロキノンを適量出し、トレチノインを塗布した部位に上から、塗って同様に乾燥を待ちます。
  4. ハイドロキノンが乾いたら、仕上げに保湿クリームを塗り、デリケートゾーンの肌をしっかり保護します。

 

治療薬であるため、副作用が出る場合があります。副作用としては、初めの2~3週間は、肌が赤く炎症のような症状が出たり、皮膚が剥がれてくるようなことがあります。治療中に、水着を着て、紫外線を浴びると、治療の効果がなくなり再度新たな黒ずみを作ってしまうことになるので、注意しましょう。

 

副作用が出たら、しばらく使用を中断しましょう。3日ほど経過したらまた試してみて、問題なければいいですが、また炎症が出てしまったら、刺激が強すぎるということになります。すぐ中断しましょう。

 

副作用なしでデリケートゾーンの黒ずみを解消したい方はこちら↓↓↓

 

デリケートゾーン 黒ずみ  画像

>>デリケートゾーンの黒ずみケアクリームおすすめランキング

 

【注意!】トレチノインとハイドロキノンをデリケートゾーンに使用する前に知らないとやばいこと!

トレチノインとハイドロキノンは上記の説明でもわかるように、使い方や専門医師の元で治療しないと大変危険な成分でもあります。

 

今では、皮膚科やクリニックで処方されていたりしますが、そもそもトレチノインとハイドロキノンは欧米で作られた成分なので、日本人の肌には強すぎて副作用が起こるといったデメリットがあるのも事実です。

 

ネットで調べているとこんな口コミを見つけました。

 

トレチノインとハイドロキノンをVラインに使ったら、 Vラインがめちゃくちゃ黒ずんでしまいました。(黒というよりはこげ茶っぽい色)

 

パンツをはいたら、黒ずみが透けて見えるほど、黒ずんでいます。びっくりしてすぐ使用をやめたのですが、また3日ぐらいあけてから、やってみたら、炎症で赤くなり、さらに黒ずんでしまいました。

 

どうすれば元に戻るでしょうか? 毎日、後悔しています。


 

これは、炎症後色素沈着というものです。簡単に言うと虫刺されの痕と同じ状態で、トレチノイン、ハイドロキノンの反応が強すぎたせいで炎症が起き、そこに黒ずみ原因物質のメラニン色ついてしまったのです。

 

身体の皮膚は場所によっても浸透率が全然違って、特にデリケートゾーンに近いほど吸収率は高くなります。場合によっては、白い部分と黒い部分が斑になってしまったという最悪なケースもありますので、慎重に扱わないと、上記のように副作用が起こり逆に症状が悪化してしまうのです。

 

このような場合は、すぐ皮膚科や美容皮膚科を受診しましょう。

-未分類

Copyright© イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.