イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

未分類

デリケートゾーンの黒ずみ除去手術のとんでもないデメリット3つ!

更新日:

デリケートゾーンの黒ずみ除去手術のとんでもないデメリット3つ!

デリケートゾーンが黒ずんでいると、「彼に経験人数が多いって思われたらイヤ」とか「黒すぎて恥ずかしい」などから手っ取り早くデリケートゾーンの黒ずみを手術で除去しよう!って思う方っていると思うんです。私もそうでした…もちろん手術してよかったという方もいますが…

ちょっと待った!!除去手術でとんでもないことが起きた!と後悔する人がいるのも事実です。今回は、デリケートゾーンの黒ずみ除去手術のデメリットだけに焦点を当てて説明したいと思います。メリットは他のサイトでたくさん書かれていたので(笑)

【やらなきゃよかった?!】デリケートゾーンの黒ずみ手術のとんでもないデメリット
調べてみると、デリケートゾーンの黒ずみの手術をやらなきゃよかった!やちゃんと調べてから検討するべきだったという声がありました。

とんでもないデメリット3つがこちらです。

傷跡が消えず、身体を逆に傷つけてしまった。
仕上がりが不自然で再手術になってしまった。
アフターケアが最悪で他の病院に再度受診した。

他にも、デリケートゾーンの黒ずみ除去は病気ではないので、保険や医療控除の対象にならず高額な治療費がかかったり、術後に通院しなければいけないと言った時間と費用がかかってしまうことやお医者さんとはいえ他人のデリケートゾーンを見せるのに抵抗があると言ったデメリットがありました。

上記のとんでもないデメリットについて、体験者の口コミと供に次で説明します。

デリケートゾーンの黒ずみ手術の3つのデメリット

デリケートゾーンの黒ずみで手術を受ける女性の大半が小陰唇縮小手術です。小陰唇とは、尿道や膣の入口付近にあり、女性器のふたの役目をしている部分で思春期を境に、次第に大きくなり、色素沈着(黒ずみ)が起きるようになります。

【デリケートゾーンの黒ずみ手術のデメリットその1】傷跡が消えず、身体を逆に傷つけてしまった。 23歳 事務業

デリケートゾーンの黒ずみで特に小陰唇の黒さがコンプレックスでした。ちゃんと調べずに自宅から近かったことを理由に小陰唇縮小手術をしたのですが、溶けてなくなるはずの糸が、痕になって残ってしまい、でこぼこになってしまいました。形もいびつで、皮膚も硬くなってしまっています。

しかも、根こそぎ切られてしまったので、他院での修正なども不可能と言われてしまって…かなりショックでした。手術で自信が持てるって思ったのに、これじゃ意味がありません。やらなければよかったって後悔しています。

【デリケートゾーンの黒ずみ手術のデメリットその2】仕上がりが不自然で再手術になってしまった。 30歳 受付

雑誌広告でたまたま病院を見つけ、高い技術があるかのように書かれていたのでそれを信じて小陰唇縮小手術を受けました。しかし、仕上がりが本当に最悪でした。左右が揃っていなく縫い方や縫い口がボコボコ。

小陰唇は確かに以前より小さくなりましたが、あまりにも不自然すぎる形状に納得がいかず、他の婦人科形成専門のクリニックで再手術を行いました。

保険も適用外で二重に治療費がかかりとんでもなく高額になってしまいました。後から調べてみると、デリケートゾーン(小陰唇)の黒ずみは、みんなが自然になる現象で自分だけが黒いわけではなかったみたいです。もうちょっと慎重になればよかったかな…って思いました。

【デリケートゾーンの黒ずみ手術のデメリットその3】アフターケアが最悪で他の病院に再度受診した。 27歳 会社員

会社がなかなか休めず、手術後の通院不要というところが気にいって選びました。手術をしましたが、術後に出血が止まらずクリニックで処置をしてもらうことになってしまいました。これ以外にも、術後経過が問題で何度も通院することが必要と言われました。

手術前のカウンセリングでも対応が最悪で、ここのクリニックでは、信用できないと他の専門クリニックに再受診し通院しました。アフターケアが充実しているクリニックを選べばよかったと後悔しました。

【要注意!】デリケートゾーンの黒ずみの手術をする前に最低限調べておかないとやばい3つのこと!

もしデリケートゾーンの黒ずみを手術にて除去しようと考えている方に、手術をする前に絶対調べておいた方がいいことをご紹介します。

病院やクリニック選びは慎重に徹底的に調べること!
デリケートゾーンの黒ずみ肌って、普通の肌に比べてかなり薄いし、とても敏感な部分です。そこにメスを入れる訳ですから、病院選びは、かなり慎重に調べる必要があります。

失敗したほとんどの人が、ここの病院選びで失敗しています。近所だからとか、ネットでなんとなく検索でひっかかったからで、安易に決めるのは大変危険です。まずは、以下のことを順番に調べていきましょう。

クリニックを何件か候補を挙げてみる。
それぞれのクリニックの先生の腕(経験)がどれ位あるか調べてみる。
そのクリニックの口コミを検索で調べてみる。
術前のカウンセリングや術後のアフターケアがきちんとしているか調べてみる。

手術費用目安と手術の流れをきちんと把握する!
デリケートゾーンの黒ずみは病気ではないので、保険や医療高額費の対象に含まれません。手術を受ける前に費用の目安と手術の流れをきちんと把握しておきましょう。今回は特に多い小陰唇縮小手術について説明します。

小陰唇縮小手術の費用

切開手術の場合
約25万~

レーザー手術の場合
約35万~

小陰唇縮小手術の流れ

手術の流れを事前に知っておけば、より安心して手術を受けることができますよね。小陰唇縮小手術は次のように行われます。

仕上がりイメージのデザイン

手術開始前に、小陰唇の大きさを計測し、仕上がりのイメージをデザインし、手術部位に印をつけます。

局所麻酔を行う

手術は局所麻酔の場合がほとんどです。麻酔薬注入時はもちろん痛いですが、手術中の痛みはまったくありません。

黒ずみを切除

デザインにそって器具を取りつけ、止血しながら切除していきます。

縫合する

小陰唇の切除後、糸で縫合します。体に吸収される糸の場合は抜糸は不要ですが、通常は、術後1か月以内に抜糸のために通院する必要があります。

術後のアフターケア

軟膏を塗り、ガーゼを当てます。手術にかかる時間は30分~40分程度です。

麻酔が切れると痛みが出るので、痛み止めを内服し、手術当日はできるだけ安静にしましょう。シャワーは翌日から可能ですが、湯船の入浴は1週間後からとなります。飲酒や運動は1週間控え、性行為は1ヶ月間控えましょう。

再度手術が必要か考えてみる!

クリニックが決まったら、一度カウンセリングを受けてみましょう。クリニックによっては、無料で受けられる所も最近では増えています。手術をしてもちろん黒ずみが消えた!というのであれば、全く問題ないのですが、身体(デリケートゾーン)にメスを入れるので、同時に思わぬデメリットが生じても正直おかしくありません。

-未分類

Copyright© イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.