イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

未分類

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある食べ物7選

更新日:

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある食べ物7選

デリケートゾーンの黒ずみ解消のために、日頃から美白スキンケアを使ってるって方けっこういると思います。でも、外側からのケアと同時に内側からのケアも一緒に行う事でより効果が増す!って知っていましたか?デリケートゾーンの黒ずみ解消に効果的な食べ物ってあるんです!

デリケートゾーンの黒ずみに効果がある&美肌をつくる食べ物をご紹介します!デリケートゾーンの黒ずみをもっと早く解消したい!って方は必見です。

そもそも、デリケートゾーンが黒ずんでいるのは、肌のターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり・新陳代謝)が遅れているあるいは、乱れているサイン。それによって、黒ずみ原因物質のメラニンがうまく垢として排出できていないからなのです。

それなら、黒ずみ解消クリームと一緒に、この肌のターンオーバーを正常に戻してくれる食べ物を日頃から意識して摂取することで、より黒ずみとは早くさよならできるのです。

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある食べ物・その1:たんぱく質

人間の体は約60%が水分、約20%がタンパク質でできています。身体の基礎的な細胞を作る材料として欠かせないタンパク質は、新しい肌を作り出すためには欠かせません。

皮膚を形成する素であるタンパク質が不足すると新陳代謝(肌のターンオーバー)を妨げ、黒ずみの原因であるメラニンを体外にうまく排出できません。よってタンパク質が不足してはキレイな肌は作られず、デリケートゾーンの黒ずみは治りません。

動物性タンパク質と植物性タンパク質のどちらもバランスよく摂りましょう。1日のタンパク質の適性摂取量は、女性が55gとされています。

デリケートゾーン黒ずみ  画像タンパク質を多く含む食材はこちら

動物性タンパク質を多く含む食材 植物性タンパク質を多く含む食材
鶏肉、豚肉、牛肉などの食肉類、鮭やあさりなどの魚介類、チーズなどの乳製品 大豆などの豆類、ジャガイモなどのイモ類、小麦粉、白米、麩

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある食べ物・その2:ビタミンA

ビタミンAには、皮膚細胞(肌のターンオーバー)の働きを正常化し、肌が本来持つ美しさを引き出す作用があります。デリケートゾーンの肌はいくつかの層に分かれていますが、表皮の下にある真皮の力まで引き出せる成分がビタミンAなのです。

肌の免疫力や抵抗力をアップさせることができる、デリケートゾーンの黒ずみの解消の他に美肌にも効果があります。ビタミンAには動物性食品に多く含まれるレチノールと緑黄色野菜に含まれるカロチンの二種類があります。

デリケートゾーン黒ずみ  画像ビタミンAを多く含む食材はこちら

レチノールを多く含む食材 緑黄色野菜を多く含む食材
うなぎやチーズ、卵、レバー、牛肉 人参、かぼちゃ、ほうれん草などのカロチン

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある食べ物・その3:ビタミンC

ビタミンCには、デリケートゾーンの黒ずみ原因物質のメラニン色素の増加を抑えてくれる効果があります。

酸化からお肌を守り、美肌ケアに欠かせないコラーゲンの生成を促し、肌の新陳代謝も促すので、ハリ・つやをアップしてくれます。

黒ずみ解消には、もちろん黒ずみができにくくするためにも、積極的に摂りたいビタミンです。

デリケートゾーン黒ずみ  画像ビタミンCを多く含む食材はこちら

ビタミンCを多く含む食材
赤ピーマン、ブロッコリー、芽キャベツ、パセリ、ゆず、レモン、キウイ、いちご

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある食べ物・その4:亜鉛

亜鉛には、デリケートゾーンの肌の古い皮膚とその下で作られる新しい皮膚の入れ替え(肌のターンオーバー)を正常に戻す機能があります。

また、亜鉛はデリケートゾーンにおける黒ずみの原因物質・メラニンの代謝にも重要な働きをします。皮膚に黒ずみが沈着するのを防ぐのにはビタミンCが効果的ですが、ビタミンCにはできてしまった黒ずみを消す作用はありません。

しかし、亜鉛を十分に摂取できていると、皮膚のターンオーバーが活発に行われ、古い皮膚と新しい皮膚の入れ替えが早くなるので、デリケートゾーンのすでにできてしまった黒ずみを消す効果が期待できるのです。

デリケートゾーン黒ずみ  画像亜鉛を多く含む食材はこちら

亜鉛を多く含む食材
牡蠣、煮干、乾燥のり、たらこ、ごま、カシューナッツ、ビーフジャーキー、卵黄

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある食べ物・その5:ビタミンE

「若返りのビタミン」と呼ばれ、抗酸化作用が高いため、肌細胞がサビつくのを防いでくれる役割を持っています。

ビタミンEには、毛細血管を拡張させて血行を良くする働きもあり、肌の代謝を良くする栄養素として知られています。

ビタミンEにより、デリケートゾーンの新陳代謝を高めて黒ずみ原因物質であるメラニン色素の生成をブロックしてくれます。

ビタミンAにはターンオーバー(新陳代謝)を促進する作用がありますが、ビタミンEはそのターンオーバー促進をサポートする役割があるので、AとEを一緒に摂ることでさらに黒ずみへの効果が期待できます。

デリケートゾーン黒ずみ  画像ビタミンEを多く含む食材はこちら

ビタミンEを多く含む食材
うなぎ、かぼちゃ、アボカド、ナッツ類、ほうれん草、ダイコン葉、ごま油、オリーブ油

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある食べ物・その6:ビタミンB2

ビタミンB2は、健康な新しい細胞を作るのに欠かせない栄養素です。特に肌細胞の再生を助け、免疫力を増進させ、ターンオーバーを正常に機能する役割を持っています。

ビタミンB2が不足すると、正常な肌細胞が作られなくなるので、新陳代謝がうまく働かず、黒ずみがさらに進行してします。

また黒ずみだけでなく、肌荒れの原因ともなるので、意識して摂りたい栄養素です。

デリケートゾーン黒ずみ  画像ビタミンB2を多く含む食材はこちら

ビタミンB2を多く含む食材
レバー、うなぎ、納豆、卵、チーズ、アーモンド、焼き海苔、あおのり、たらこ、うに

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある食べ物・その7:ビタミンB6

ビタミンB6は、身体中のタンパク質の代謝に必要不可欠な補酵素として働いています。

特に、肌の新陳代謝への影響が大きく、デリケートゾーンの黒ずみ解消やみずみずしいお肌を作るには、ビタミンB6がとても大切になってきます。

また、ビタミンB6には皮脂の分泌を抑える働きがあるので、不足すると余分な皮脂が分泌されやすくなり、ニキビができやすくなったり、肌トラブルの原因となります。

デリケートゾーン黒ずみ  画像ビタミンB6を多く含む食材はこちら

ビタミンB6を多く含む食材
にんにく、マグロ、鶏ひき肉、鶏ささみ、かつお、さんま、しめじ、卵、さつまいも

-未分類

Copyright© イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.