イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり!

未分類

カミソリで毛を剃ることによるデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

投稿日:

カミソリで毛を剃ることによるデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

カミソリで毛を剃ることによるデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

カミソリで毛を剃った後の十分なケアはしていますか?毎回綺麗に自己処理して軽く市販のクリームを塗って「はい!終了!」で終わっていませんか?もしそれに該当するあなたは、知らないうちにデリケートゾーンの黒ずみの原因物質を作り出している可能性が非常に高いです!

 

もしくは、気づいた時には、けっこうな色素沈着の黒ずみが出来てしまっていてショックを受けたという最悪なパターンも…涙

 

そうならない為にも、自己処理後のケアって実はすごーく大事なんです。そして、黒ずみにならない為の対策も同じ位大切なんです。そもそも、デリケートゾーンの黒ずみの原因ってなんだろうって思いますよね。それを含めて次で詳しく説明していきますね。

 

>>黒ずみを確実に解消したい方のみクリック(黒ずみケアクリームランキング)

 

カミソリで毛を剃ることによるデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策【目次】

カミソリで毛を剃ることによるデリケートゾーンの黒ずみの原因

カミソリで毛を剃ることによるデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

原因その1:カミソリで剃ることで皮膚が劣化する…

カミソリで剃っていると徐々に皮膚が劣化します。カミソリの場合、毛だけでなく実は角質も少なからず削ってしまっているのです。

 

角質は本来皮膚の潤いを保ち、乾燥を防ぐ役割を果たしていたり、肌を病原菌から守る作用もあります。カミソリで剃った後、保湿を十分に行わないと防衛のためにメラニン色素を体内から集められ、結果デリケートゾーンに黒ずみができやすくなります。

 

さらに逆さ剃りなどを続けると毛穴を押し広げることになります。これによって、毛穴が隆起するようになり、その毛穴に角質が詰まると、「毛孔性苔癬」(もうこうせいたいせん)という黒いボツボツができてしまい毛穴の黒ずみができてしまいます。

 

原因その2:肌ダメージを繰り返す

カミソリで剃ることで、角質が削れると同時にデリケートゾーンの肌にダメージも与えています。肌にダメージが受けると肌が生まれ変わるサイクルが徐々に乱れ始めます。つまりターンオーバーがデリケートゾーン部分で乱れてしまうのです。(上の図参照)

 

それによりデリケートゾーンの角質が分厚くなり肌のダメージを補修するために放出されたメラニンという黒ずみの原因物質が通常の肌より多く生成されてしまったり、本来の肌サイクルで取り除かれるはずのメラニン色素が取り除かれずに蓄積されていきます。

 

また分厚い角質は乾燥しやすくメラニンでも肌ダメージを治しにくくなってしまいます。そんな状態のまま次の脱毛サイクルが来るので、どんどん肌環境は悪くなり、黒ずみが悪化していくのです。その悪循環をストップさせる必要があります。

 

原因その3:何度も繰り返す自己処理

脱毛と違って、カミソリで自己処理すると永久的に毛が生えてくるので、毛が生えてくるごとに必ず処理が必要になってきます。

 

前回、自己処理をした際にしっかりケアせずにいると、肌サイクルが整っていない状態で、また自己処理をすることになるので、角質がだんだん分厚くなり黒ずみ原因物質のメラニンも蓄積していきます。

 

カミソリで毛を剃ることによるデリケートゾーンの黒ずみ対策

黒ずみ 口コミ 画像

カミソリでの自己処理は肌へのダメージが大きく、黒ずみ原因物質のメラニンを作りやすくしてしまうので正直、おすすめできません。 

しかし、脱毛となるとお金もかかるし、時間もかかったりと、なかなか踏み出せないあなたの為に、カミソリで自己処理後の黒ずみ対策とできてしまった黒ずみを解消する方法をご紹介しますね。

 

黒ずみをそのまま放置すると色素沈着がさらに進むので早急な対応が必要です。

 

対策その1:肌ダメージの修復(肌のターンオーバーを正常に戻す)

肌サイクルは古い細胞が死にそれに変わる新しい細胞が生まれるというサイクルを日々繰り返しています。これをターンオーバー(新陳代謝)と呼びます。

 

黒ずみができてしまった肌には、このターンオーバーが正常に機能していないので外側と内側からのケアによって早急に元に戻す必要があります。

 

体の外側からのケア 美肌成分で肌を生き返らせる!肌荒れを防止、沈静化し、肌の状態を修復、再生する成分が配合されている物を使いましょう。代表的なもので言うと、敏感肌化粧品やにきびケア化粧品で使われることが多い薬用成分、グリチルリチン酸2Kがその働きをしてくれます。
体の内側からのケア 生活習慣を見直す!ストレスや生活環境によっても肌のターンオーバーは乱れてしまう原因になるので、バランスのいい食事やストレスを抱え込まない自分なりの解消法や規則正しい生活を心がけましょう。

 

対策その2:肌にたっぷりの潤いを与え乾燥を防ぐ

黒ずみ 口コミ 画像

特にデリケートゾーンは他の肌に比べて非常に薄く、乾燥しがちです。お肌が乾燥すると角質が固くなり、さらに黒ずみを悪化させる原因になります。よって、自己処理後はもちろん、日々の保湿がとても大事となります。 

きちんと潤いが保たれていれば、肌トラブルも起きにくくなりますし、回復力も断然早いです。保湿が不十分だと、せっかくの美白成分も効果が半減してしまうので、注意が必要です。

 

対策その3:できてしまった黒ずみや予備軍を消すための美白成分の注入

カミソリで毛を剃ることによるデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

またすでにできてしまったデリケートゾーンの黒ずみや黒ずみ予備軍も美白成分を補えば解消が可能です。美白有効成分といえば、アスタキサンチン、セラミド、ハイドロキノンなどの成分から、厚生労働省から認可を受けたトラネキサム酸、ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタなどがあります。 

できれば後者の医薬部外品として厚生労働省(国)から認可を受けている美白有効成分配合の薬用化粧品を選ぶのが安心で効果を発揮します。

-未分類

Copyright© イビサクリームの最安値はここから!最大36%OFFで返金保証あり! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.